【プログラムコーディネート】〜第4回 観客、ジャッジに響くショーとは?〜(大川勝己編)

既に会員の方
こちらの動画は会員限定となります。
会員の方はログインしてください。
ログインページへ
会員ではない方
ご契約がお済みではない方は
下記よりお申込み下さい。
お申込みページへ(有料)

講座概要

マーチングのショーを制作する上での根幹となる「プログラムコーディネート」の最終回、第4回をお届け致します。

講座内容

第4回「観客、ジャッジに響くショーとは?」

1、ショーに織り込むべき2つの響き方

2、ショーの鍵となる「期待の地平」

3、ショーコーディネーションの醍醐味「異化」とは?

4、響く≒評価=コンテンツ×スキル

5、心に響くショーを作るために

講師紹介

大川勝己

和歌山県出身。バークリー音楽大学中退。米国滞在中に多くのマーチングバンドに遊学。湘南台高校White Shooting Starsで2008、2012、2013、2017、2018に全国大会グランプリを受賞。Drum Corps Japan 審査委員長、洗足学園音楽大学非常勤講師、一般社団法人日本マーチングバンド協会公認指導員。協会主催の都道県、支部、全国大会及び、海外での審査実績あり。小学校、高校のマーチングバンド編曲を多数手掛けている。アジア諸国ではマーチングショーの制作や審査のクリニックも行っている。

マーチングバンド会員限定コンテンツ月額制

おすすめ動画

keyboard_arrow_up

ブレーメン
野中貿易