【ブラスアレンジ】〜第1回 マーチングにおけるミュージックアレンジの役割について〜(熊谷淳編)

既に会員の方
こちらの動画は会員限定となります。
会員の方はログインしてください。
ログインページへ
会員ではない方
ご契約がお済みではない方は
下記よりお申込み下さい。
お申込みページへ(有料)

講座概要

マーチングのショー制作で重要な「ブラスアレンジ」について、計4回に渡ってお届け致します。

講座内容

第1回「マーチングにおけるミュージックアレンジの役割」

1、ミュージックアレンジの重要性、その理由

2、昔と今のアレンジの傾向の違い

3、選曲のポイント

4、分業制で得られるもの

5、アレンジャーを志す方へのアドバイス

講師紹介

熊谷淳

マーチングバンド編曲家、プログラムコーディネーター、ブラスインストラクター。東京コンセルヴァトアール尚美音研作曲科卒、サンフランシスコ音楽院作曲科中退。和声法、作曲を高橋裕、駒井肇、Alden Jenksの各氏に、トランペットを関根剛二氏に師事。渡米中にドラムコーの指導法を研鑽し、現在はフリーランスとして活動している。星野学園、佐賀学園高校、立正大淞南高校、富士東高校、愛産大工業高校、野田南部中学校、小坪小学校などの楽曲制作と指導を担当し、2019年からは神奈川県立湘南台高校の楽曲制作と指導を手がけている。日本マーチングバンド協会全国大会及び支部県大会、DCJ各大会、WAMSB国際大会などの審査員を歴任。DCJ公認ジャッジ。

マーチングバンド会員限定コンテンツ月額制

おすすめ動画

keyboard_arrow_up

野中貿易
Pearl