【金管楽器入門】〜第5回 音作りを意識した演奏〜(清水康弘編)

既に会員の方
こちらの動画は会員限定となります。
会員の方はログインしてください。
ログインページへ
会員ではない方
ご契約がお済みではない方は
下記よりお申込み下さい。
お申込みページへ(有料)

講座概要

楽器の導入から、メンテナンス、また吹奏技術まで。「金管楽器入門」の最終回、第5回をお届け致します。

講座内容

第5回「音作りを意識した演奏」

1、場面ごとに求められる音色、音質、音量

2、フレージングを意識した演奏

・フレーズ

・アーティキュレーション

・表現力アップの3ステップ

3、先生や講師、審査員などに言われる点の解決策

講師紹介

清水康弘

広島県福山市出身。国立音楽大学附属高等学校、昭和音楽大学をトランペット専攻にて卒業。ヤマハ(ネム)音楽院研究科特待生修了。『Brass Plus』(Ki/oon Sony Records)のリーダーとしてメジャーデビュー活躍後、エリック宮城ビッグバンドや香取良彦ジャズオーケストラなどでの活動をはじめ、スタジオミュージシャンとして、くず、山口智充、 DREAMS COME TRUEなどのライヴ・サポートや、嵐、SMAP、TOKIO、関ジャニ∞、aiko、ナオト・インティライミなどのアーティストのアルバム、TV-CMやドラマ・映画音楽などに多数参加。これまで20年に渡りヤマハ(ネム)音楽院、島村楽器テクニカルアカデミー(旧 代官山音楽院)では10年に渡り後進の指導にあたり、多くのミュージシャンや指導者を育成し、音楽界に送り込んでいる。現在もスタジオミュージシャンとしての活動をはじめ、昭和音楽大学、奈良学園大学、慶應義塾普通部各講師、YAMAHA委託契約インストラクター、一般音楽団体「横濱音泉倶楽部」代表、DCJ(ドラムコー・ジャパン)公認ジャッジ、「Shimizu MUSIC LAB」代表を務め、全国各地で吹奏楽やビッグバンド、マーチングの審査員やゲスト、クリニシャンとして、様々なシーンで活躍している。

マーチングバンド会員限定コンテンツ月額制

おすすめ動画

keyboard_arrow_up

Pearl
野中貿易